COLUMN

菅俊一(監修) 電子本の売り方がよくわからないDOTPLACE編集部がとりあえず思いついたことから何でもやってみる企画(仮)

菅俊一(監修) 電子本の売り方がよくわからないDOTPLACE編集部がとりあえず思いついたことから何でもやってみる企画(仮)
01: 【募集終了】『まなざし』読書感想文コンクール開催。

yatemiru
 


01:『まなざし』読書感想文コンクール開催。

オリジナル書籍レーベル「DOTPLACE LABEL」の第1弾として、今年7月に無事『まなざし』、『街の本屋の逆襲』、『コルクを抜く』の3冊を同時発売させたDOTPLACE編集部。めでたく発売まで漕ぎ着けたものの、ここにきて電子本を売るためのノウハウが自分たちにまったくないことに気がつきました。電子本としてのクオリティは自負している、だから絶対に売れてほしい、しかしどうしたらいいか素で見当がつかない……目隠しでサバンナに放たれたも等しい状況。そんな中、素人なりの素朴な思いつきを手当たり次第販売促進企画として試してみることにしたのでした。『まなざし』著者の菅俊一氏監修のもと、効果の大小はいったん脇に置いておいて、この連載ではその思いつきの実践の過程を随時報告していきます。

 
kansobun
 

【概要】

DOTPLACE LABELから発売中の菅俊一著『まなざし』に収録されている「読書感想文の恐怖」(第4章)。著者が子供時代に抱いていた読書感想文コンクールへの違和感について振り返るその章を読んだ人たちによる、新たな読書感想文コンクールを開催してみてはどうだろうか、という思いつきを今回は実行に移してみることにしました。夏休みの宿題感覚で、Twitterより奮ってご応募ください!
※本企画は2014年9月8日(月)23:59をもって応募を終了しました。審査結果はこちら
 
【応募しめきり】
2014年9月8日(月)23:59(募集終了済み)
 
【応募方法】
電子版『まなざし』収録の第4章「読書感想文の恐怖」を読んで感じたことを、
Twitterで、ハッシュタグ「#まなざし感想文」をつけて
120文字以上(ハッシュタグを除く)、1ツイート以内で執筆し、ツイートしてください。
※1人何ツイートでも応募可能です。
 
【審査員】
菅俊一、DOTPLACE編集部
 
【優秀賞景品】
菅俊一が丁寧に直筆でデータにサインした『まなざし.pdf』ファイル
(1名)

 
suge_sign_2
菅俊一が丁寧に直筆でデータにサインした『まなざし.pdf』ファイル(イメージ)
 

たくさんのご応募お待ちしています。

※本企画は2014年9月8日(月)23:59をもって応募を終了しました。
審査結果はこちら


PROFILEプロフィール (50音順)

菅俊一(すげ・しゅんいち)

1980年東京都生まれ。研究者/映像作家。人間の知覚能力に基づいた新しい表現の在り方を研究し、映像や展示、文章をはじめとした様々な分野で活動を行なっている。主な仕事に、NHK Eテレ「2355/0655」ID映像、modernfart.jpでの連載「AA’=BB’」、著書に「差分」(共著・美術出版社)など。2014年4月より多摩美術大学美術学部統合デザイン学科の専任講師に就任。 http://syunichisuge.com/


PRODUCT関連商品

電子版『まなざし』

菅俊一 (著), Noritake (イラスト)
これからの執筆・編集・出版に携わる人のサイト「DOTPLACE(http://dotplace.jp)」でとりわけ話題を集める、研究者/映像作家・菅俊一氏の連載コラム「まなざし」が、満を持して電子書籍化。「読むこと」「書くこと」とそのまわりに潜む日常のちょっとした違和感を、シンプルな言葉で丁寧に読み解いていく12編の「まなざし」。電子書籍版ならではの追加テキストも収録。イラストレーター・Noritake氏による描き下ろしイラストも見どころです。
カバーデザイン:山本晃士ロバート(ユーフラテス)、編集:後藤知佳(numabooks)