ARTICLES

記事一覧

COLUMN

juhan_top_26

川崎昌平

「重版未定」

第26話:フリー編集者・その2

NEW

編集者とは何か? 出版社とは何のためにあるのか? 弱小出版社に勤務する編集者を主人公に描く、出版文化を深く考えるためのブラック・コメディ、第26話をお届けします。 ☆注意☆この物語は「フィクション」です。登場する個人名・団体名はおおよそ架空のものであり、実在のそれとはあまり関係がありません。 ...

May 23, 2017

COLUMN

SR_banner_001

田内万里夫

「SUB-RIGHTS」

01: Every Night and All

海外の本を自国で刊行する翻訳出版には、契約を成立させるための業務を担う「版権エージェント」という職種がある。このテキストは、一般社会ではあまり聞き慣れない職種「版権エージェント」の仕事、またそこから見聞きすることになった知られざる翻訳出版小史を伝える自伝的小説になっていく予定だ。日本と海外の...

May 11, 2017

COLUMN

takano

鷹野凌

「今月の出版業界気になるニュースまとめ」

2017年4月「LINEマンガ躍進、利用者数で首位に」など

鷹野凌が毎月お届けする、出版業界気になるニュースまとめ。10本のニュースをピックアップし、理由、経緯、感想、ツッコミ、応援などのコメントをしています。なお、ピックアップは鷹野の個人的興味関心に基づくため、かなり電子出版関連に偏っています。あらかじめご了承ください。 ◇ ◇ ◇ ...

Apr 30, 2017

COLUMN

juhan_top_025

川崎昌平

「重版未定」

第25話:フリー編集者

編集者とは何か? 出版社とは何のためにあるのか? 弱小出版社に勤務する編集者を主人公に描く、出版文化を深く考えるためのブラック・コメディ、急に昭和が香り出す第25話をお送りします。 ☆注意☆この物語は「フィクション」です。登場する個人名・団体名はおおよそ架空のものであり、実在のそれとはあま...

Apr 29, 2017

INTERVIEW

_MG_5881_e

「映画『草原の河』ソルタルジャ監督インタビュー」

「『将来チベット人スタッフだけの映画を撮ろう』と仲間で相談し合って……」

映画『草原の河』 ソンタルジャ監督インタビュー(後編) 「『将来チベット人スタッフだけの映画を撮ろう』と仲間で相談し合って……」 取材・文:小林英治 チベット人監督による映画として日本で初めて劇場公開される記念すべき作品『草原の河』。海抜3,000メートルを超えるチベットの高原で...

Apr 29, 2017

INTERVIEW

main_e

「映画『草原の河』ソルタルジャ監督インタビュー」

「人生における喜怒哀楽が、河の中にすべて象徴されている。」

映画『草原の河』 ソンタルジャ監督インタビュー(前編) 「人生における喜怒哀楽が、河の中にすべて象徴されている。」 取材・文:小林英治 チベット人監督による映画として日本で初めて劇場公開される記念すべき作品『草原の河』。海抜3,000メートルを超えるチベットの高原で生活する一家を...

Apr 28, 2017