ARTICLES

記事一覧

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

「斜めから見た海外出版トピックス」

第37回 「ブラック・ライヴズ・マター」と米出版界

NEW

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。今回は米出版業界のダイヴァーシティについて、統計データやトップ人事の例から読み解いていきます。 第37回 「ブラック・ライヴズ・マター」と...

Sep 08, 2020

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

「斜めから見た海外出版トピックス」

第36回 ベストセラーの作りかた

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。今回はある作家が仕組んだベストセラーランキング操作のニュースから、本とマーケティングの健全性について政治問題も交えながら“斜め”から見ていきます。 ...

Aug 07, 2020

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

「斜めから見た海外出版トピックス」

第35回 本は必要不可欠か

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。今回は、コロナウイルス流行の中で広がった「#BooksAreEssential」運動について。「本は必要不可欠」ということなので、もちろん! と言いたいと...

Jul 08, 2020

COLUMN

SR_banner_014A

田内万里夫

「SUB-RIGHTS」

14: WILD SWANS: Three daughters of China

海外の本を自国で刊行する翻訳出版には、契約を成立させるための業務を担う「版権エージェント」という職種がある。このテキストは、一般社会ではあまり聞き慣れない職種「版権エージェント」の仕事、またそこから見聞きすることになった知られざる翻訳出版小史を伝える自伝的小説になっていく予定だったが、ど...

Jun 27, 2020