ARTICLES

記事一覧

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

「斜めから見た海外出版トピックス」

第18回 ベストセラーのデータ解析

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。  今回は、年末恒例のベストセラーとあるデータ解析の結果をご紹介します。ベストセラーは統計的に作れるのでしょうか? 第18回 ベストセラー...

Dec 23, 2018

COLUMN

hakone_banner_03

染谷拓郎

「ぼくらがブックホテルをつくる理由はどこにある? 箱根本箱開業奔走記」

Vol.3 岩佐さんからの提案書

現在、ぼくはブックホテルをつくるプロジェクトを担当しています。もともとは「あしかり」という日販の社員保養所だった物件を、滞在型のブックスペースに生まれ変わらせるべく、2015年から日夜奔走してきました。ホテルの名前は「箱根本箱」。念願のオープンは今年の8月1日から。この連載コラムでは「箱...

Dec 17, 2018

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

「斜めから見た海外出版トピックス」

第17回 好調な米国書店ビジネスの裏側

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。  今回は、比較的好調と言われる米国独立書店の表には見えづらい課題について語ります。 第17回 好調な米国書店ビジネスの裏側  ...

Nov 25, 2018

INTERVIEW

2018_JMB_sagasan-02

「デザインの魂のゆくえ 「デザインと教育」篇 その3:ヨゼフ・ミューラー=ブロックマンが「グリッドシステム」に託したもの(小田雄太×佐賀一郎)」

後編「創作のよろこび、それを希求する自由を忘れることがなかった」

本連載「デザインの魂のゆくえ」の第1部「デザインと経営」に続く、第2部のテーマは「デザインと教育」。その第3回目の対談として、グラフィックデザイナーの小田雄太さんと同じく多摩美術大学グラフィックデザイン学科で教鞭をとる、デザイン史家でありグラフィックデザイナーでもある佐賀一郎さんを再びゲスト...

Nov 19, 2018