ARTICLES

記事一覧

INTERVIEW

_MG_6948_e

「岡田利規×太田信吾: チェルフィッチュ『三月の5日間』リクリエーションとそのドキュメンタリーをめぐって」

「演劇をやるということは『想像力のコントロールをめぐる戦争』に参戦すること。」

NEW

岡田利規×太田信吾: チェルフィッチュ『三月の5日間』リクリエーションと そのドキュメンタリーをめぐって 聞き手・文:小林英治 チェルフィッチュの代表作『三月の5日間』を、オーディションによって全国から選ばれた若い7人の俳優たちと岡田利規が「再創造」した『三月の5日間』リクリエーションが...

Jan 15, 2018

INTERVIEW

_MG_6970_e

「岡田利規×太田信吾: チェルフィッチュ『三月の5日間』リクリエーションとそのドキュメンタリーをめぐって」

「コーチとその選手たちみたいな、甲子園球児たちのドキュメントを思い出しますね。違いますけど」

岡田利規×太田信吾: チェルフィッチュ『三月の5日間』リクリエーションと そのドキュメンタリーをめぐって 聞き手・文:小林英治 チェルフィッチュの代表作『三月の5日間』を、オーディションによって全国から選ばれた若い7人の俳優たちと岡田利規が「再創造」した『三月の5日間』リクリ...

Jan 10, 2018

COLUMN

takano_2017kaiko

鷹野凌

「今月の出版業界気になるニュースまとめ」

2017年12月「出版業界気になるニュース2017年回顧」

 鷹野凌が毎月お届けする、出版業界気になるニュースまとめ。今回は年末ということもあり、2017年の出版業界を振り返ってみます。なお、ピックアップは鷹野の個人的興味関心に基づくため、かなり電子出版関連に偏っています。あらかじめご了承ください。 年初にはこんな予測をしていた ...

Dec 29, 2017

COLUMN

2302027163_675bfed1a6_b_e

冨田健太郎

「斜めから見た海外出版トピックス」

第6回 カナダの教育出版事情

第6回 カナダの教育出版事情 ▼カナダの教育出版が受けた「壊滅的な被害」  12月ということで、今年1年をとおして気になっていたニュースを取りあげたいと思います。  カナダの教育出版に関する問題です。  というと、あまり関係なさそうな話題だな、と思われるかもし...

Dec 26, 2017

COLUMN

SR_banner_006_c

田内万里夫

「SUB-RIGHTS」

06: The Joy Luck Club

海外の本を自国で刊行する翻訳出版には、契約を成立させるための業務を担う「版権エージェント」という職種がある。このテキストは、一般社会ではあまり聞き慣れない職種「版権エージェント」の仕事、またそこから見聞きすることになった知られざる翻訳出版小史を伝える自伝的小説になっていく予定だ。連載タイトル...

Dec 26, 2017

COLUMN

juhan_top_32

川崎昌平

「重版未定」

第32話:書店ゼロ地帯

編集者とは何か? 出版社とは何のためにあるのか? 弱小出版社に勤務する編集者を主人公に描く、出版文化を深く考えるためのブラック・コメディ、クリスマス特別編集のフルカラーで第32話をお送りします。※予告していた特別編「ゲラトーク」は延期となりました。申し訳ありません。☆注意☆この物語は「フィクショ...

Dec 25, 2017

COLUMN

juhan_top_31

川崎昌平

「重版未定」

第31話:持ち込み

編集者とは何か? 出版社とは何のためにあるのか? 弱小出版社に勤務する編集者を主人公に描く、出版文化を深く考えるためのブラック・コメディ、久しぶりの更新となる第31話をお送りします。☆注意☆この物語は「フィクション」です。登場する個人名・団体名はおおよそ架空のものであり、実在のそれとはあまり関係...

Dec 08, 2017

COLUMN

2-2_e

太田泰友

「2031: A BOOK-ART ODYSSEY(2031年ブックアートの旅)」

第12回 本と建築について ――新アトリエ作り(2)

第12回 本と建築について ――新アトリエ作り(2) ◯本連載のバックナンバーはこちら。  前回は、日本に帰国してからの新しいアトリエ探しをしているところでしたが、あれから数週間が経った現在、まだ新しいアトリエでの作品制作は始まっていません。始まってはいないのですが、場所...

Dec 08, 2017