ARTICLES

記事一覧

COLUMN

juhan_top_tokubetsu04

川崎昌平

重版未定

特別話:ゲラトーーク

編集者とは何か? 出版社とは何のためにあるのか? 弱小出版社に勤務する編集者を主人公に描く、出版文化を深く考えるためのブラック・コメディ、今回は筆者の著書『編プロ☆ガール』の刊行と、6月13日に阿佐ヶ谷Loft Aにて開催されるイベント「ゲラトーーク」の宣伝を目的としたお話となります。予定してい...

May 30, 2018

COLUMN

juhan_top_34

川崎昌平

重版未定

第34話:漂流社らしさ・その2

編集者とは何か? 出版社とは何のためにあるのか? 弱小出版社に勤務する編集者を主人公に描く、出版文化を深く考えるためのブラック・コメディ、第34話をお送りします。☆注意☆この物語は「フィクション」です。登場する個人名・団体名はおおよそ架空のものであり、実在のそれとはあまり関係がありません。 ●...

May 22, 2018

COLUMN

https___www.pakutaso.com_shared_img_thumb_ELL75_yousyohondana20120620

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第11回 社会を映すロマンス小説

第11回 社会を映すロマンス小説 ▼ロマンス小説とは?  今回は、ロマンス小説をテーマに……というと、関係ないなあと思われるかたも多いかもしれません。  しかし、全米での売上高は11億ドル弱(すこし古いデータですが)で、これはミステリーとSF/ファンタジイを足したぐ...

May 21, 2018

COLUMN

juhan_top_33_b

川崎昌平

重版未定

第33話:漂流社らしさ

編集者とは何か? 出版社とは何のためにあるのか? 弱小出版社に勤務する編集者を主人公に描く、出版文化を深く考えるためのブラック・コメディ、5ヶ月ぶりの更新となる第33話をお送りします。☆注意☆この物語は「フィクション」です。登場する個人名・団体名はおおよそ架空のものであり、実在のそれとはあま...

May 16, 2018

COLUMN

SR_banner_008+

田内万里夫

SUB-RIGHTS

08: Trainspotting

海外の本を自国で刊行する翻訳出版には、契約を成立させるための業務を担う「版権エージェント」という職種がある。このテキストは、一般社会ではあまり聞き慣れない職種「版権エージェント」の仕事、またそこから見聞きすることになった知られざる翻訳出版小史を伝える自伝的小説になっていく予定だ。連載タイ...

May 07, 2018

COLUMN

tomita10

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第10回 ベストセラー戦略の大失敗

第10回 ベストセラー戦略の大失敗 ▼突然のベストセラー  2018年のアメリカの出版界は、年明け早々からトランプ政権の暴露本『炎と怒り』が大ヒットを記録、次にひかえる大玉は4月に出る元FBI長官ジェイムズ・コミーの回想録……と思われていたのですが、突然のベス...

Apr 20, 2018

COLUMN

takano

鷹野凌

今月の出版業界気になるニュースまとめ

2018年3月「外務省が表現の自由を侵す」など

鷹野凌が毎月お届けする、出版業界気になるニュースまとめ。10本のニュースをピックアップし、理由、経緯、感想、ツッコミ、応援などのコメントをしています。なお、ピックアップは鷹野の個人的興味関心に基づくため、かなり電子出版関連に偏っています。あらかじめご了承ください。 ◇ ◇ ◇ ...

Apr 02, 2018