ARTICLES

記事一覧

COLUMN

SR_banner_016B

田内万里夫

SUB-RIGHTS

16: The Remains of the Day

NEW

海外の本を自国で刊行する翻訳出版には、契約を成立させるための業務を担う「版権エージェント」という職種がある。このテキストは、一般社会ではあまり聞き慣れない職種「版権エージェント」の仕事、またそこから見聞きすることになった知られざる翻訳出版小史を伝える自伝的小説になっていく予定だったが、ど...

Aug 14, 2021

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第41回 アメリカ出版界十大ニュースから見る、パンデミックとダイヴァーシティと表現の自由

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。今回は、難題が噴出した2020年のアメリカ出版業界の十大ニュースを皮切りに、パンデミックとダイヴァーシティについて考えます。 第41回 ア...

Feb 19, 2021

COLUMN

SR_banner_015A

田内万里夫

SUB-RIGHTS

15: The Death and Life of Bobby Z

海外の本を自国で刊行する翻訳出版には、契約を成立させるための業務を担う「版権エージェント」という職種がある。このテキストは、一般社会ではあまり聞き慣れない職種「版権エージェント」の仕事、またそこから見聞きすることになった知られざる翻訳出版小史を伝える自伝的小説になっていく予定だったが、ど...

Dec 28, 2020

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第40回 図書館の探偵たち

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。今回は街の図書館員たちがそのネットワークを通じて稀覯本泥棒を追いつめたという一件を紹介します。 第40回 図書館の探偵たち ...

Dec 22, 2020

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第39回 リトル・フリー・ライブラリーという活動

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。「リトル・フリー・ライブラリー」をご存じでしょうか。図書館とコミュニティづくりの活動が、コロナ禍で別側面からも注目を集めている、という事例をご紹介。 ...

Nov 11, 2020

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第38回 コロナ禍を生きのびた書店の物語

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。今回はコロナ影響下での独立系書店の事例をご紹介。もちろん良い話ばかりではありませんが、読者の「できるところから応援したい」という気持ちも続いているようです...

Oct 15, 2020