COLUMN

菅俊一 まなざし

菅俊一 まなざし
第11回「尾根ギアから見た景色」

まなざし_共通タイトルバナー_1000x395_131217

第11回 尾根ギアから見た景色

基本的に仕事のメールは、午前中に送るようにしている。自分の心に湧き起こる「めんどくさい」という気持ちを避けるためには、時間を決めて一番最初にやってしまわないとダメだという思いから、そのようなルールを決めて書くようになった。

先日も自宅で朝からメールを書いていたのだが、打ち合わせに出かけなければいけない時間になってしまったので、慌ててメールを送って家を出て、電車に飛び乗り落ち着いてから、改めて先ほど送ったメールをチェックしてみたところ、自分の書いたメールの最後の一文が、以下のようになっていた。

「それでは、よろしく尾根ギアします。」

本来「よろしくお願いします。」と書くべきところが、全く意味不明な「よろしく尾根ギアします。」という言葉になったまま送ってしまっていた。

しまった!と思ったところで、もう送ってしまったものはしょうがない。こういう時に私にできるのは、「なぜ、このような間違いをしてしまったのか」を分析し、「今後、このような間違いを起こさないためにはどうすればいいのか」を考えることくらいだ。

自分の生活を振り返ってみると、アイデアメモは除くとしても、文章や企画書といった人に渡す書類についてはコンピュータで書いているため、手書きで書くことはほとんど無い。

そのため、手書きの時にはあり得ないような、キーボードでの文字入力独特のミスが発生する。今回のミスの要因を考えるにあたって、まず私は文字入力でのミスのパターンを書き出してみることにした。

★この続きは、DOTPLACEの書籍レーベル「DOTPLACE LABEL」から発売された
電子版『まなざし』からお読み頂けます。

prbanner_manazashi


PROFILEプロフィール (50音順)

菅俊一(すげ・しゅんいち)

1980年東京都生まれ。研究者/映像作家。人間の知覚能力に基づいた新しい表現の在り方を研究し、映像や展示、文章をはじめとした様々な分野で活動を行なっている。主な仕事に、NHK Eテレ「2355/0655」ID映像、modernfart.jpでの連載「AA’=BB’」、著書に「差分」(共著・美術出版社)など。2014年4月より多摩美術大学美術学部統合デザイン学科の専任講師に就任。 http://syunichisuge.com/


PRODUCT関連商品

『差分』

佐藤 雅彦 (著), 菅 俊一 (著), 石川 将也 (著)
単行本: 210ページ
出版社: 美術出版社
発売日: 2009/3/31