(えちぜん・としや)

越前敏弥(えちぜん・としや)

文芸翻訳者。1961年生まれ。東京大学文学部国文科卒。訳書『インフェルノ』『ダ・ヴィンチ・コード』『Xの悲劇』『ニック・メイソンの第二の人生』(以上KADOKAWA)、『生か、死か』『解錠師』『災厄の町』(以上早川書房)、『夜の真義を』(文藝春秋)など多数。著書『翻訳百景』(KADOKAWA)『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文』(ディスカヴァー)など。朝日カルチャーセンター新宿教室、中之島教室で翻訳講座を担当。公式ブログ「翻訳百景」。 http://techizen.cocolog-nifty.com/

LATEST ARTICLES

この人の最新記事

COLUMN

echizen_

越前敏弥

出版翻訳あれこれ、これから

第9回 出版翻訳者の心がけるべき8か条(前編)

※本連載のバックナンバーはこちら。 第9回 出版翻訳者の心がけるべき8か条(前編)    この連載も、残すところあと2回。最後の2回は、出版翻訳者として、いま自分が心がけていることを箇条書きにして書いてみる。これまでトークイベントやセミナーなど、いくつかの場で...

Jan 12, 2017

COLUMN

echizen_

越前敏弥

出版翻訳あれこれ、これから

第8回 《BOOKMARK》、サウザンブックスほか

※本連載のバックナンバーはこちら。 第8回 《BOOKMARK》、サウザンブックスほか    前々回、前回と、自分の身のまわりでおこなわれている、未来の読者を増やすための試みを紹介してきたが、今回もそのテーマでつづけて書く。  まずは、《BOOKMARK》。これは翻訳者の金原瑞人さん...

Dec 15, 2016

COLUMN

echizen_

越前敏弥

出版翻訳あれこれ、これから

第7回:「はじめての海外文学フェア」

※本連載のバックナンバーはこちら。 第7回 「はじめての海外文学」フェア  前回の記事の後半に、「トークイベントと書店フェアと読書会を連動させて本の魅力を伝えていく試みはかなり有効だと思うので、何かの機会にぜひまたやってみたい。いや、実は11月から12月にかけて実施すべく、すでに計画...

Nov 15, 2016

COLUMN

echizen_

越前敏弥

出版翻訳あれこれ、これから

第4回:翻訳書の読者を育てるために

※本連載のバックナンバーはこちら。 第4回 翻訳書の読者を育てるために 『翻訳百景』の第4章「翻訳書の愉しみ」でも紹介した読書探偵作文コンクールが今年も開催されている(締め切りは9月23日)。 今年で第7回を迎えるこのコンクールは、サイトにもあるとおり、「外国の物語や絵本を読んで、...

Aug 15, 2016

SERIESこの人のインタビュー・連載