(おだ・ゆうた)

小田雄太(おだ・ゆうた)

デザイナー/アートディレクター。COMPOUND inc.代表/まちづクリエイティブ取締役。多摩美術大学非常勤講師。 ’04年多摩美術大学GD科卒業後にアートユニット明和電機 宣伝部、その後デザイン会社数社を経て’11年COMPOUNDinc.設立。’13年に(株)まちづクリエイティブ取締役に就任、MADcityプロジェクトを始めとしたエリアブランディングに携わる。最近の主な仕事として「NewsPicks」UI/CI開発、diskunion「DIVE INTO MUSIC」、COMME des GARÇONS「noir kei ninomiya」デザインワーク、「BIBLIOPHILIC」ブランディング、「100BANCH」VI・サイン計画など。

LATEST ARTICLES

この人の最新記事

INTERVIEW

_MG_4909_e

デザインの魂のゆくえ 「デザインと教育」篇 その1:小田雄太×佐賀一郎

「学生に対して言葉をたくさん与えることが教育の目的。」

本連載「デザインの魂のゆくえ」の第1章「デザインと経営」に続く、第2章のテーマは「デザインと教育」。その第1回目の対談として、グラフィックデザイナーの小田雄太さんと同じく多摩美術大学グラフィックデザイン学科で教鞭をとり、ビジュアルデザインやタイポグラフィを教える佐賀一郎さんをゲストに迎え、ま...

Aug 16, 2017

INTERVIEW

57_mucha_documentsdecoratifs_1901_e

デザインの魂のゆくえ 「デザインと教育」篇 その1:小田雄太×佐賀一郎

「色は言葉に勝るとも劣らないイメージ喚起力を持っていつつも、そこに解釈の幅がある。」

本連載「デザインの魂のゆくえ」の第1部「デザインと経営」に続く、第2部のテーマは「デザインと教育」。その第1回目の対談として、グラフィックデザイナーの小田雄太さんと同じく多摩美術大学グラフィックデザイン学科で教鞭をとり、ビジュアルデザインやタイポグラフィを教える佐賀一郎さんをゲストに迎え、ま...

Aug 08, 2017

INTERVIEW

2017デザインと教育-02

デザインの魂のゆくえ 「デザインと教育」篇 その1:小田雄太×佐賀一郎

「美大はもっとデザインの定義やデザイナーの生き方をアップデートしていくべき。」

本連載「デザインの魂のゆくえ」の第1部「デザインと経営」に続く、第2部のテーマは「デザインと教育」。その第1回目の対談として、グラフィックデザイナーの小田雄太さんと同じく多摩美術大学グラフィックデザイン学科で教鞭をとり、ビジュアルデザインやタイポグラフィを教える佐賀一郎さんをゲストに迎え、ま...

Aug 02, 2017

INTERVIEW

2017デザインと教育-01

デザインの魂のゆくえ

「デザインと教育」篇 開始によせて

この連載の第1部「デザイナーにとって経営とは何か」の序文に対して、 『魂を失わずにグラフィックデザイナーになる本』のブックデザイナーである、 グラフィックデザイナーの秋山伸さんからコメント欄にコメントを頂きました (※編集部注:現在Facebookの規約変更により見ることができ...

Jul 20, 2017

INTERVIEW

_MG_1249_e

年末特別鼎談:「アソシエーション」と「コミュニティ」をつなげるやり方

後編「山田孝之にとって赤羽は、入退可能な1つの『アソシエーション』なんだよ。」

[年末特別鼎談]「アソシエーション」と「コミュニティ」をつなぐやり方 ――『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『山田孝之の東京都北区赤羽』から読み解く「まちづくり論」。 本サイトDOTPLACEにて、これまで10回にわたってコラム「アソシエーションデザイン つづく世界のつくり方」...

Dec 31, 2015

INTERVIEW

スクリーンショット 2015-12-31 11.03.52_E

年末特別鼎談:「アソシエーション」と「コミュニティ」をつなげるやり方

中編「『マッドマックス』は、未来に対する儚さみたいなものが残る映画。」

rel="lightbox" [年末特別鼎談]「アソシエーション」と「コミュニティ」をつなぐやり方 ――『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『山田孝之の東京都北区赤羽』から読み解く「まちづくり論」。 本サイトDOTPLACEにて、これまで10回にわたってコラム「アソシエーションデザ...

Dec 31, 2015