(とみた・けんたろう)

冨田健太郎(とみた・けんたろう)

初の就職先は、翻訳出版で知られる出版社。その後、事情でしばらくまったくべつの仕事(湘南のラブホテルとか、黄金町や日の出町のストリップ劇場とか相手の営業職)をしたあと、編集者としてB級エンターテインメント翻訳文庫を中心に仕事をし、その後に法務担当を経て、電子出版や海外への翻訳権の輸出業務。編集を担当したなかでいちばん知られている本は、スペンサー・ジョンソン『チーズはどこへ消えた?』(門田美鈴訳)、評価されながら議論になった本は、ジム・トンプスン『ポップ1280』(三川基好訳)。https://twitter.com/TomitaKentaro

LATEST ARTICLES

この人の最新記事

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第28回 ナオミ・ウルフとファクト・チェック

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。新刊のPRイベント中に誤りが発覚!? 今回は、ノンフィクション作品で起こったファクト・チェック問題の経緯をレポートします。 第28回 ナオミ・ウ...

Nov 28, 2019

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第27回 発売日を守れ!

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。今回は、大ベストセラーの続編で起きた誤配騒動から、出版社と書店の関係を考えます。 第27回 発売日を守れ! ▼この秋最大の...

Oct 28, 2019

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第26回 オーディオブックをめぐって

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。米国で市場規模がまだまだ成長中のオーディオブック。今回はその新技術を巡る出版社、著者を巻き込んだ騒動をレポートします。 第26回 オーディオ...

Sep 26, 2019

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第25回 アマゾンの“無法地帯”

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。今回は最大の小売店、アマゾンでの模造品問題を追います。日本でも今後巻き起こる課題、かもしれません。 第25回 アマゾンの“無法地帯” ...

Aug 24, 2019

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第24回 アメリカ最大の書店チェーン買収劇〜バーンズ&ノーブルの苦闘part2

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。米国最大の書店チェーン「バーンズ&ノーブル」。苦境が伝えられる大型書店の買収騒動と、(本連載読者には特に)驚きのCEO人事について、最新状況をリポートしま...

Jul 29, 2019

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第23回 米国キリスト教出版の世界

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。今回は、日本では馴染みが薄いですが、欧米では大きな市場を誇る「キリスト教出版」について最近の動向をまとめてただきました。店舗の閉店が相次いでいるようですが...

Jun 25, 2019

SERIESこの人のインタビュー・連載