(とみた・けんたろう)

冨田健太郎(とみた・けんたろう)

初の就職先は、翻訳出版で知られる出版社。その後、事情でしばらくまったくべつの仕事(湘南のラブホテルとか、黄金町や日の出町のストリップ劇場とか相手の営業職)をしたあと、編集者としてB級エンターテインメント翻訳文庫を中心に仕事をし、その後に法務担当を経て、電子出版や海外への翻訳権の輸出業務。編集を担当したなかでいちばん知られている本は、スペンサー・ジョンソン『チーズはどこへ消えた?』(門田美鈴訳)、評価されながら議論になった本は、ジム・トンプスン『ポップ1280』(三川基好訳)。https://twitter.com/TomitaKentaro

LATEST ARTICLES

この人の最新記事

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第32回 ウディ・アレン自伝出版をめぐって

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。今回はウディ・アレンの自伝出版について。性的虐待疑惑がある人物の自伝出版に対して起こった反対運動と言論の自由を巡る論争をレポートします。 第3...

Apr 01, 2020

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第31回 揺れるロマンス業界

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。2019年末よりアメリカ出版界で話題になっていたロマンス作家協会のダイヴァーシティ問題について。アメリカの小説市場全体の1/3を占めるという一大ジャンルに...

Feb 29, 2020

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第30回 編集者ソニイ・メータ

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。イアン・マキューアン、トニ・モリスン、ガルシア=マルケス、そしてハルキ・ムラカミ。「ソニイ・メータ」の名前を出すことが売り文句になるほどだったという編集者...

Jan 27, 2020

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第29回 2010年代を振りかえる

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。2019年ももうすぐ終わり。この十年を総括するタイミングがやってきました。さまざまな環境の変化とともに、魅力的な出版物も振り返っていきます。 第...

Dec 29, 2019

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第28回 ナオミ・ウルフとファクト・チェック

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。新刊のPRイベント中に誤りが発覚!? 今回は、ノンフィクション作品で起こったファクト・チェック問題の経緯をレポートします。 第28回 ナオミ・ウ...

Nov 28, 2019

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第27回 発売日を守れ!

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。今回は、大ベストセラーの続編で起きた誤配騒動から、出版社と書店の関係を考えます。 第27回 発売日を守れ! ▼この秋最大の...

Oct 28, 2019

SERIESこの人のインタビュー・連載