(とみた・けんたろう)

冨田健太郎(とみた・けんたろう)

初の就職先は、翻訳出版で知られる出版社。その後、事情でしばらくまったくべつの仕事(湘南のラブホテルとか、黄金町や日の出町のストリップ劇場とか相手の営業職)をしたあと、編集者としてB級エンターテインメント翻訳文庫を中心に仕事をし、その後に法務担当を経て、電子出版や海外への翻訳権の輸出業務。編集を担当したなかでいちばん知られている本は、スペンサー・ジョンソン『チーズはどこへ消えた?』(門田美鈴訳)、評価されながら議論になった本は、ジム・トンプスン『ポップ1280』(三川基好訳)。https://twitter.com/TomitaKentaro

LATEST ARTICLES

この人の最新記事

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第24回 アメリカ最大の書店チェーン買収劇〜バーンズ&ノーブルの苦闘part2

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。米国最大の書店チェーン「バーンズ&ノーブル」。苦境が伝えられる大型書店の買収騒動と、(本連載読者には特に)驚きのCEO人事について、最新状況をリポートしま...

Jul 29, 2019

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第23回 米国キリスト教出版の世界

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。今回は、日本では馴染みが薄いですが、欧米では大きな市場を誇る「キリスト教出版」について最近の動向をまとめてただきました。店舗の閉店が相次いでいるようですが...

Jun 25, 2019

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第22回 ドイツ出版界の激震

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。今回は2019年2月に破産したドイツの取次「KNV」について。対岸の火事、とは決して言えない出版に大きな影響を与える出来事について、英語記事の紹介を中...

May 20, 2019

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第21回 英国書店員の闘い――店舗経営と労働条件の対立

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。  今回は、有名書店から移った経営者がみごと立て直した老舗書店チェーン店の成功と、そこで噴出した賃金問題について。 第21回 英国書店員の...

Apr 21, 2019

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第20回 ベストセラー作家、嘘まみれの人生

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。  今回は、口は災いの元!? プロモーション活動の中で巻き起こった、とある作家の舌禍事件について。 第20回 ベストセラー作家のスキャンダ...

Mar 15, 2019

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第19回 ふたたび街場の書店を考える

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。  今回は、第17回でも取り上げた中小書店の実態について、ローカルコミュニティの立場からみたレポートをお届けします。 第19回 ふたたび街...

Feb 08, 2019

SERIESこの人のインタビュー・連載