(とみた・けんたろう)

冨田健太郎(とみた・けんたろう)

初の就職先は、翻訳出版で知られる出版社。その後、事情でしばらくまったくべつの仕事(湘南のラブホテルとか、黄金町や日の出町のストリップ劇場とか相手の営業職)をしたあと、編集者としてB級エンターテインメント翻訳文庫を中心に仕事をし、その後に法務担当を経て、電子出版や海外への翻訳権の輸出業務。編集を担当したなかでいちばん知られている本は、スペンサー・ジョンソン『チーズはどこへ消えた?』(門田美鈴訳)、評価されながら議論になった本は、ジム・トンプスン『ポップ1280』(三川基好訳)。https://twitter.com/TomitaKentaro

LATEST ARTICLES

この人の最新記事

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第17回 好調な米国書店ビジネスの裏側

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。  今回は、比較的好調と言われる米国独立書店の表には見えづらい課題について語ります。 第17回 好調な米国書店ビジネスの裏側  ...

Nov 25, 2018

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第16回 文芸エージェント界のゴッドファーザー

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。  今回は8月に亡くなった文芸エージェント、マイクル・シッソンズの生涯とともに、文芸エージェントの仕事に迫ります。 第16回 文芸エージェ...

Oct 24, 2018

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第15回 北京国際ブックフェア

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。  今回は8月に行われた北京国際ブックフェアのレポートをお届けします。ライツビジネスの最前線をお楽しみください。 第15回 北京国際ブック...

Oct 02, 2018

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第14回 アナ・マーチとは何者か?

 某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。 今回はアメリカ文芸コミュニティを詐欺まがいの行為で何年も渡り歩く、ある女性に関するミステリー。全米文芸コミュニティで400人規模の盛大なパーティを...

Aug 23, 2018

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第13回 バーンズ&ノーブルの苦闘

第13回 バーンズ&ノーブルの苦闘 ▼突然の解任劇  米国最大の書店チェーン、バーンズ&ノーブル(B&N)が、最高経営責任者を解任しました。 (B&NがCEOの解雇を発表)  この発表は、翌日がアメリカ独立記念日というタイミングだったのですが、国内最大...

Jul 20, 2018

COLUMN

https___www.pakutaso.com_shared_img_thumb_ELL75_yousyohondana20120620

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第12回 “ペンギン”を育てた男

第12回 “ペンギン”を育てた男  5月14日、大手出版社ペンギンを長年トップとして指揮したピーター・メイヤーが、82歳で亡くなりました。  現ペンギン・ランダムハウスはメイヤーを追悼して、「ペンギンにおける彼の長く輝かしいリーダーシップは、これからもペンギン・ランダムハウスのD...

Jun 20, 2018

SERIESこの人のインタビュー・連載