(とみた・けんたろう)

冨田健太郎(とみた・けんたろう)

初の就職先は、翻訳出版で知られる出版社。その後、事情でしばらくまったくべつの仕事(湘南のラブホテルとか、黄金町や日の出町のストリップ劇場とか相手の営業職)をしたあと、編集者としてB級エンターテインメント翻訳文庫を中心に仕事をし、その後に法務担当を経て、電子出版や海外への翻訳権の輸出業務。編集を担当したなかでいちばん知られている本は、スペンサー・ジョンソン『チーズはどこへ消えた?』(門田美鈴訳)、評価されながら議論になった本は、ジム・トンプスン『ポップ1280』(三川基好訳)。https://twitter.com/TomitaKentaro

LATEST ARTICLES

この人の最新記事

COLUMN

8109913029_f22956d481_k_e

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第4回 フランクフルト・ブックフェアにからんで

第4回 フランクフルト・ブックフェアにからんで ▼フランクフルト・ブックフェアとは  出版界でも最大級のイヴェントが、毎年10月に行なわれるフランクフルト・ブックフェアです。  以前からお話ししてきているように、海外の書店はみずから本を仕入れますから、彼らに対して今...

Nov 16, 2017

COLUMN

冨田さん連載バナー_2

冨田健太郎

斜めから見た海外出版トピックス

第1回 欧米に根ざすブック・ツアー

第1回 欧米に根ざすブック・ツアー  どうも。  冨田といいます。  英米中心にした出版界のニュースをSNSで発信していたのが編集部の目にとまり、今回、こういう形でスペースをいただきました。  といっても、海外の出版社に勤務した経験があるわけでもなく、留学経験もなく、たんに日本の...

Aug 08, 2017

SERIESこの人のインタビュー・連載