(あきやま・しん)

秋山伸(あきやま・しん)

90年代半ばから,美術・建築の書籍や展覧会のデザインを数多く手がける。2010年末に東京の事務所schtüccoを解散し、新潟の豪雪地帯に移住。2011年より自社の出版レーベルedition.nordをベースにソロ活動を開始。 最近の仕事に、「鈴木理策写真展 意識の流れ」「大竹伸朗展 ニューニュー」などの公式展覧会カタログや、伊丹豪『this year's model』(RONDADE)など。 http://editionnord.com/

LATEST ARTICLES

この人の最新記事

INTERVIEW

poncotan 堤あやこインタビュー:縁がつながる“小さな場所”

「『場所』が媒介してつながりを、そして新たな偶然的展開を生み出しているのだと思います。」

建築系の書籍や美術展の広報グラフィック、カタログなど、先鋭的かつ柔軟なアプローチでデザインワークを展開したデザイン事務所「schtücco(シュトゥッコ)」の秋山伸は、公私共にパートナーの堤あやことの第一子誕生を契機として2010年末に事務所を解散。拠点を新宿から、秋山の故郷の新潟県南魚沼市...

Nov 03, 2015

INTERVIEW

poncotan 堤あやこインタビュー:縁がつながる“小さな場所”

「出産をすると別の次元に移行するように思います。」

建築系の書籍や美術展の広報グラフィック、カタログなど、先鋭的かつ柔軟なアプローチでデザインワークを展開したデザイン事務所「schtücco(シュトゥッコ)」の秋山伸は、公私共にパートナーの堤あやことの第一子誕生を契機として2010年末に事務所を解散。拠点を新宿から、秋山の故郷の新潟県南魚沼市...

Oct 30, 2015

INTERVIEW

poncotan 堤あやこインタビュー:縁がつながる“小さな場所”

「住み始めた当初は、いろんな若者が出入りをして何をしてるんだろうって、きっと奇妙がられていました(笑)。」

建築系の書籍や美術展の広報グラフィック、カタログなど、先鋭的かつ柔軟なアプローチでデザインワークを展開したデザイン事務所「schtücco(シュトゥッコ)」の秋山伸は、公私共にパートナーの堤あやことの第一子誕生を契機として2010年末に事務所を解散。拠点を新宿から、秋山の故郷の新潟県南魚沼市...

Oct 28, 2015

INTERVIEW

poncotan 堤あやこインタビュー:縁がつながる“小さな場所”

「poncotanは、アイヌの言葉で『小さな場所』とか『小さな集落』という意味があるんです。」

建築系の書籍や美術展の広報グラフィック、カタログなど、先鋭的かつ柔軟なアプローチでデザインワークを展開したデザイン事務所「schtücco(シュトゥッコ)」の秋山伸は、公私共にパートナーの堤あやことの第一子誕生を契機として2010年末に事務所を解散。拠点を新宿から、秋山の故郷の新潟県南魚沼市...

Oct 27, 2015

INTERVIEW

edition.nord 秋山伸インタビュー:田舎でデザインと出版をするということ

「製本のアイデアも一つのデザインの知的財産であることを示すために。」

建築系の書籍や美術展の広報グラフィック、カタログなど、先鋭的かつ柔軟なアプローチでデザインワークを展開したデザイン事務所「schtücco(シュトゥッコ)」の秋山伸は、公私共にパートナーの堤あやことの第一子誕生を契機として2010年末に事務所を解散。拠点を新宿から、秋山の故郷の新潟県南魚沼市...

Oct 22, 2015

INTERVIEW

edition.nord 秋山伸インタビュー:田舎でデザインと出版をするということ

「私たちが写真に選んでいる表情は、人間の表情のほんの一部なんだなって思います。」

建築系の書籍や美術展の広報グラフィック、カタログなど、先鋭的かつ柔軟なアプローチでデザインワークを展開したデザイン事務所「schtücco(シュトゥッコ)」の秋山伸は、公私共にパートナーの堤あやことの第一子誕生を契機として2010年末に事務所を解散。拠点を新宿から、秋山の故郷の新潟県南魚沼市...

Oct 21, 2015

SERIESこの人のインタビュー・連載