(うちぬま・しんたろう)

内沼晋太郎(うちぬま・しんたろう)

1980年生。一橋大学商学部商学科卒。numabooks代表。ブック・コーディネイター、クリエイティブ・ディレクター。読書用品ブランド「BIBLIOPHILIC」プロデューサー。2012年、下北沢に本屋「B&B」を、博報堂ケトルと協業で開業。2013年、著書『本の逆襲』を朝日出版社より刊行。「DOTPLACE」共同編集長。

LATEST ARTICLES

この人の最新記事

INTERVIEW

_MG_2914_e

宇田智子×内沼晋太郎:ウララとB&B 本屋になるということ

「日々のことをちゃんと残して、伝えたいことがそこから伝わるようにしたかった。」

東京の大型書店・ジュンク堂書店に就職したのち、「沖縄県産本フェア」に携わったことをきっかけに沖縄に興味を持ち、自ら希望して那覇店に異動。それから一人で「市場の古本屋ウララ」を開店した宇田智子さん。2015年6月には、2冊目の単著『本屋になりたい この島の本を売る』(筑摩書房)が刊行されま...

Oct 02, 2015

INTERVIEW

_MG_3371_e

宇田智子×内沼晋太郎:ウララとB&B 本屋になるということ

「新刊書店/古書店以前に、ただ『本屋になりたい』。」

東京の大型書店・ジュンク堂書店に就職したのち、「沖縄県産本フェア」に携わったことをきっかけに沖縄に興味を持ち、自ら希望して那覇店に異動。それから一人で「市場の古本屋ウララ」を開店した宇田智子さん。2015年6月には、2冊目の単著『本屋になりたい この島の本を売る』(筑摩書房)が刊行されま...

Oct 01, 2015

INTERVIEW

スクリーンショット 2015-09-30 22.51.31_e

宇田智子×内沼晋太郎:ウララとB&B 本屋になるということ

「実際に沖縄で古本屋をやっているみなさんを見ていたら『私も入っていけるかもしれない』と。」

東京の大型書店・ジュンク堂書店に就職したのち、「沖縄県産本フェア」に携わったことをきっかけに沖縄に興味を持ち、自ら希望して那覇店に異動。それから一人で「市場の古本屋ウララ」を開店した宇田智子さん。2015年6月には、2冊目の単著『本屋になりたい この島の本を売る』(筑摩書房)が刊行されま...

Sep 30, 2015

INTERVIEW

_MG_2920_e

宇田智子×内沼晋太郎:ウララとB&B 本屋になるということ

「『この店でしか売れないもの』が欲しくなってきたんです。」

東京の大型書店・ジュンク堂書店に就職したのち、「沖縄県産本フェア」に携わったことをきっかけに沖縄に興味を持ち、自ら希望して那覇店に異動。それから一人で「市場の古本屋ウララ」を開店した宇田智子さん。2015年6月には、2冊目の単著『本屋になりたい この島の本を売る』(筑摩書房)が刊行されま...

Sep 29, 2015

INTERVIEW

DOTPLACETOPICS_banner09

宇田智子×内沼晋太郎:ウララとB&B 本屋になるということ

「毎日本屋という場所で本を見たり触ったりしていることも、本との付き合い方のひとつなんじゃないか。」

東京の大型書店・ジュンク堂書店に就職したのち、「沖縄県産本フェア」に携わったことをきっかけに沖縄に興味を持ち、自ら希望して那覇店に異動。それから一人で「市場の古本屋ウララ」を開店した宇田智子さん。2015年6月には、2冊目の単著『本屋になりたい この島の本を売る』(筑摩書房)が刊行されま...

Sep 28, 2015

SERIESこの人のインタビュー・連載