菅俊一

DOTPLACE LABEL

まなざし

菅俊一

Aug 08, 2014

DOTPLACEでとりわけ話題を集める、研究者/映像作家・菅俊一氏の連載コラム「まなざし」が、満を持して電子書籍化。「読むこと」「書くこと」とそのまわりに潜む日常のちょっとした違和感を、シンプルな言葉で丁寧に読み解いていく12編の「まなざし」。電子書籍版ならではの追加テキストも収録。イラストレーター・Noritake氏による描き下ろしイラストも見どころです。

ARTICLES

この連載の記事

 7 件

02

菅俊一(監修)電子本の売り方がよくわからないDOTPLACE編集部がとりあえず思いついたことから何でもやってみる企画(仮)

01: 【募集終了】『まなざし』読書感想文コンクール開催。

  01:『まなざし』読書感想文コンクール開催。 オリジナル書籍レーベル「DOTPLACE LABEL」の第1弾として、今年7月に無事『まなざし』、『街の本屋の逆襲』、『コルクを抜く』の3冊を同時発売させたDOTPLACE編集部。めでたく発売まで漕ぎ着けたものの、ここにきて電子本を...

Aug 22, 2014

03

菅俊一(監修)電子本の売り方がよくわからないDOTPLACE編集部がとりあえず思いついたことから何でもやってみる企画(仮)

02: ついに結果発表!『まなざし』読書感想文コンクール

オリジナル書籍レーベル「DOTPLACE LABEL」の第1弾として、今年7月に無事『まなざし』、『街の本屋の逆襲』、『コルクを抜く』の3冊を同時発売させたDOTPLACE編集部。めでたく発売まで漕ぎ着けたものの、ここにきて電子本を売るためのノウハウが自分たちにまったくないことに気がつきました。...

Sep 16, 2014

04

菅俊一(監修)電子本の売り方がよくわからないDOTPLACE編集部がとりあえず思いついたことから何でもやってみる企画(仮)

03: 「紙版の電子本」設置協力店舗・スペースを募集します。

オリジナル書籍レーベル「DOTPLACE LABEL」の第1弾として、今年7月に無事『まなざし』、『街の本屋の逆襲』、『コルクを抜く』の3冊を同時発売させたDOTPLACE編集部。めでたく発売まで漕ぎ着けたものの、ここにきて電子本を売るためのノウハウが自分たちにまったくないことに気がつきました。...

Sep 27, 2014

05

菅俊一(監修)電子本の売り方がよくわからないDOTPLACE編集部がとりあえず思いついたことから何でもやってみる企画(仮)

04: 電子サイン会とはなんだったのか

04: 電子サイン会とはなんだったのか   ■下北沢B&Bで行われた『まなざし』電子サイン会とはなんだったのか   2014年9月28日(日)、東京・下北沢の本屋B&Bにて、『まなざし』刊行記念イベント「『まなざし』のまなざし」が開催されました。その中でも、トーク...

Nov 12, 2014

06

菅俊一(監修)電子本の売り方がよくわからないDOTPLACE編集部がとりあえず思いついたことから何でもやってみる企画(仮)

05: 「紙版の電子本」を作ってみた+設置を始めてみた

05: 「紙版の電子本」を作ってみた+設置を始めてみた ■そのままフェードアウトするんだと誰もが思っていた   今年の9月のこと。その記事はひっそりとDOTPLACEにアップロードされた。 「紙版の電子本」。 プリントオンデマンドサービスを利用して...

Dec 12, 2014

07

菅俊一(監修)電子本の売り方がよくわからないDOTPLACE編集部がとりあえず思いついたことから何でもやってみる企画(仮)

06: 最新の「まなざし」をライブで書く。

06: 最新の「まなざし」をライブで書く。 《あらすじ》 オリジナル電子本レーベル「DOTPLACE LABEL」の本をどうにかして売る方法を、『まなざし』著者の菅俊一さんと一緒に考え実践するこのコーナー「電子本の売り方がよくわからないDOTPLACE編集部がとりあえず思いついたことから...

Mar 10, 2015

PROFILE

プロフィール

菅俊一

菅俊一(すげ・しゅんいち)

1980年東京都生まれ。研究者/映像作家。人間の知覚能力に基づいた新しい表現の在り方を研究し、映像や展示、文章をはじめとした様々な分野で活動を行なっている。主な仕事に、NHK Eテレ「2355/0655」ID映像、modernfart.jpでの連載「AA’=BB’」、著書に「差分」(共著・美術出版社)など。2014年4月より多摩美術大学美術学部統合デザイン学科の専任講師に就任。 http://syunichisuge.com/