COLUMN

川崎昌平 重版未定

川崎昌平 重版未定
第27話:フリー編集者・その3


juhan_top_27

編集者とは何か? 出版社とは何のためにあるのか? 弱小出版社に勤務する編集者を主人公に描く、出版文化を深く考えるためのブラック・コメディ、今回はちょっと物騒なお話です。
☆注意☆この物語は「フィクション」です。登場する個人名・団体名はおおよそ架空のものであり、実在のそれとはあまり関係がありません。
●連載「重版未定」バックナンバーはこちら

d27_001

d27_002

d27_003

d27_004

d27_005

d27_006

d27_007

d27_008

d27_009

d27_010

d27_011

d27_012

d27_013

d27_014

d27_015

d27_016

d27_017

d27_018

d27_019

【次回予告】
主人公に「からっぽのトランク」を託し、編集者人生を全うした権蔵。権蔵の遺志に触れた主人公は何を想うのか……。しかし、編集者がいなくなっても本はなくならないのが出版渡世の掟。「代わりがいる」のも世の常か。次回、第28話「新入社員」、ご期待ください。


PROFILEプロフィール (50音順)

川崎昌平(かわさき・しょうへい)

1981年生まれ。埼玉県出身。作家であり出版社勤務の編集者でもある。2007年、「ネットカフェ難民」で流行語大賞受賞。主な著書に『知識無用の芸術鑑賞』(幻冬舎)、『ネットカフェ難民』(幻冬舎)、『若者はなぜ正社員になれないのか』(筑摩書房)、『自殺しないための99の方法』(一迅社)、『小幸福論』(オークラ出版)、『はじめての批評』(フィルムアート社)などがある。


PRODUCT関連商品

はじめての批評

川崎 昌平 (著)
書籍: 224ページ
出版社: 河出書房新社
発売日: 2017/5/29