INTERVIEW

DOTPLACE TOPICS

片岡義男×佐々木敦:スローなデジにしてくれ 〜片岡義男の全著作電子化計画〜
「過去が大事だという発見は、デジタルの中にあるんですよ。」

DOTPLACETOPICS_banner08

1974年に「白い波の荒野へ」で小説家デビューし、翌年には代表作「スローなブギにしてくれ」を発表。今なお旺盛な執筆活動を続ける作家・片岡義男さん。そのハードボイルドで疾走感に満ちた作風は現在も強く支持されています。
今確認できる範囲でも580を数える片岡さんの膨大な著作を、すべてデジタル化し誰でも入手可能な状態にする「片岡義男 全著作電子化計画」。ボイジャーの手によって7月1日にスタートしたこのプロジェクトでは、最初の1か月ですでに100作品がリリースされています。
自らの著作をすべて電子化することの先に、片岡さんはどのような風景を夢見るのでしょうか? そしてそれは読み手と書き手にどのような変化をもたらすのでしょうか? 代表作たちの誕生秘話などにも触れつつ、プロジェクトの開始から間もないタイミングで行われた批評家・佐々木敦さんとの対談をお送りします。
※本記事は、2015年7月4日、第19回[国際]電子出版EXPOの会場で行われたトークイベントを採録したものです。

【以下からの続きです】
1/5:「日本の話、つまり自分の日常に近い話が書けないんですよ。」
2/5:「理想型の『今この瞬間』を短編で書いている。」
3/5:「過去の短編500本を読めばおそらく、全部書き直したくなってしまうはず。」
4/5:「小説は知性ばっかりではダメで、必ず反知性主義的な視点がないといけない。」

インターネットが可能にする“究極の私小説”

佐々木:今回の電子化計画では、まずは100作品が電子化される予定で、その数はこれからどんどん増えていくわけですよね。そのあいだも片岡さんは小説を書いていらっしゃるので、その執筆ペースに電子化が追いつける日は来るのか、それはいつになるのかという話はあるんですけれども。
 これはちらっと伺っただけなんですが、このプロジェクトの後かそれと並行して、片岡さんが撮られた写真も電子化していこうというプロジェクトがあるようなんですけれども、そちらについてはどうですか。

片岡:これまでに12〜13冊写真集を作っているんですよ。その写真を時代順に全部アーカイブにして公開しようという計画があります。

佐々木:要するに写真集もデジタル化して、そこにアクセスしたりダウンロードできたりするというものですか。

片岡:はい。あとはコメントが書き込めるようにもして、新たに撮った写真もそのサイトにアップして、僕が仮の短いコメントを添えていく。で、それを見た人のコメントを参考にしながら、必要があれば僕の文章もどんどん変えていく。こういう試みをしたいんですよ。

佐々木:それはネットだからこそ可能ですもんね。

片岡:そうなんです。これは自分の短編の中に一度書いた話なんですけれども、東京の景色の写真を撮って、たとえば「近所です」というコメントを付けてサイトにアップするとします。「近所」って面白くて、私小説の材料の一つだと思うんですよね。私小説の材料っていうのは、その当人が住んでいる家、それから当人の周囲にいる家族たち、そして次が当人が住んでいる近所なんですよ。だから、ひょっとしたらこの試みを進めるうちに、写真付きの“究極の私小説”が書けるかもしれない。写真は実際に存在する景色を撮るわけですから。

片岡義男さん

片岡義男さん

佐々木:そうですよね。行こうと思えば、それを見た人がそこへ行くこともできる。

片岡:ええ、その場に立つことができるわけです。

佐々木:それはすごく面白いですねえ。

片岡:そこに文章が添えてあれば、これこそ本物の私小説だということです。本物の私小説だと称せるものを、書きたいんです。

過去が大事だとわかったからこその、デジタル

佐々木:その写真をアーカイブ化する計画のお話もそうですが、やっぱりデジタルの時代にすごくふさわしいと思うのは、どんどん書き換えができるということだと思うんですよね。

片岡:そうなんです。

佐々木:あとは、新しいものも書き加えることができる。インターネット以後のデジタルの時代って、何でも「新しい」っていうイメージが強いけれど、それだけではなくて。過去にもすごくアクセスしやすくなっている、ということもあると思うんですよね。
 たとえば、片岡さんが自分の過去の作品を一作読んだら、突然それに対応するような作品を思いついてお書きになるかもしれないし。

片岡:それは充分ありますよ。

佐々木:ですよね。だから小説家が長く作品を書いていく中で、過去の自分と対話するっていうことが、デジタルによって昔よりももっとしやすくなってきたと思うんです。

片岡:その通りです。デジタルは現在、または未来そのものだと思われていますけれども、そうではなくて、過去なんですよ。アーカイブなんて過去そのものですからね。過去がないと現在も、もちろん未来もないですし、できるだけいろいろな過去があった方がいいんですよ。過去にはアクセスしたほうがいいですね。

佐々木:ボイジャーさんは今、片岡さんだけではなく池澤夏樹さんの著作の電子化プロジェクトも進めています。作家本人にとってはもちろん、僕ら読者にとっても、全作品にアクセスしやすくなる/デジタルで読めるようになる、というのは本当にありがたいことなんですよね。だから、どんどん他の小説家の方もそういうことをされるべきだと思うんですよ。

片岡:そうですね、はい。

佐々木:そうすることによって初めて、何十年と経っても読めるようになる。
 片岡さんは小説家デビューが1974年で、それ以前にもずっと長く書かれてきたっていう話がありましたけど、僕が小説を熱心にリアルタイムで読めるようになったのも70年代以降なんですね、64年生まれなので。でもそれ以前から活躍されている小説家の方はたくさんいらっしゃって。
 70年代くらいまでは、やっぱり今とは比較にならないほど雑誌文化も盛んだったし、本もたくさん出ていたので、世の中ではものすごく膨大に文章が書かれているわけですよね。

片岡:そうなんです。それらにアクセスしないのはもったいないですよ。現在は昔に比べれば、過去にものすごくアクセスしやすくなっているわけですから。

佐々木:今だったらKindleで「片岡義男」って検索するとワーって出てくるけど、ちょっと前までは古本屋さんに通わないと集められなかったわけで。

片岡:そう。要するに、過去が大事だという発見は、デジタルの中にあるんですよ。

佐々木:ええ、そうですね。

片岡:過去が大事だということがわかったから、デジタルなんです。闇雲にデジタル化するのではなくて、デジタルで何をするのか、ということ。いろいろな過去を現在と重ねようという試みこそが、デジタルなんですよ。

「全著作」を電子化すること

佐々木:僕がこのプロジェクトのお話を伺ったときに一番感銘を受けたのは、(「片岡義男全著作電子計画」の)「全著作」という部分だったんです。
 まずは片岡さんが過去に書かれた小説をすべて探し出して、デジタルにするんだっていうことですよね。これは要するに個人文学全集――「片岡義男全集」なんです。今までもいろいろな個人の文学全集がありましたよね。でもそれらは場所も取るし、お金もすごくかかるし、何より古本屋さんでも売ってもらえなくなってしまったら、(市場からは)消えてしまう。でも、デジタルであれば消えない。
 ご本人を前にして言うのもすごく変ですけれど、ある意味では片岡さんはもう“歴史上の人物”なんですよね(笑)。今も生きている“歴史上の人物”の過去というものを、全部デジタルにすることがこのプロジェクトの一番の肝だと思うわけです。つまり「代表作だけではなく、全部やるんだ」っていう部分に、僕は本当に感銘を受けました。もちろん、まだ探し出せていない片岡さんの小説もたくさんあると思うんですけれども。

片岡:小説だけでなくエッセイもやるといいですね。これは無限にありますから、大変ですよ。

佐々木:あとはデジタルになっていると、翻訳がすごくしやすいということも大きいですね。将来的に今よりも電子翻訳の技術が発展したら、すごく簡単に片岡義男全集を丸ごと英語にできるようになる。そうすると、世界中の英語を読める人なら片岡義男の作品すべてをいつでも読めるようになるんですよね。そのためにも、やっぱりデジタルっていうのはすごく重要なことだという風にも感じます。

片岡:うん、うん。

佐々木:片岡さんは英語の本をたくさんお読みになられて、英語の思考法、そして小説をどうやって日本語で書くのかということに腐心されてきた方ですけど、今度はそれがまた英語になるということもあるわけで、こんなに面白いことはないんじゃないかなと思うわけです。

片岡:面白いですね、はい。

――お二人とも、ありがとうございます。非常に興味深いお話ばかりでした。私は特に「過去が大事だということがわかったから、デジタルなんだ」という言葉が心に残りましたね。ジーンときました。
 みなさんぜひ、この「片岡義男全著作電子化計画」を応援してください。どうぞよろしくお願いいたします。

19434191151_8dcbe47571_k_

[スローなデジにしてくれ 〜片岡義男の全著作電子化計画〜 了]

編集協力:HONYA TODAY
(2015年7月4日、第19回[国際]電子出版EXPOにて)

【本記事の対談は動画でも公開中です】


PROFILEプロフィール (50音順)

佐々木敦(ささき・あつし)

1964年名古屋市生まれ。批評家、早稲田大学文学学術院教授、音楽レーベルHEADZ主宰。20年以上にわたり、音楽、文学、映画、演劇などの批評活動を行う 。著書には『即興の解体/懐胎』『未知との遭遇』『批評時空間』『シチュエーションズ』『「4分33秒」論』『ex-musicポスト・ロックの系統』『ex-musicテクノロジーと音楽』など多数。

片岡義男(かたおか・よしお)

1939年東京生まれ。作家、早稲田大学法学部卒。74年に『白い波の荒野へ』 で作家デビュー。75年、『スローなブギにしてくれ』で野性時代新人賞を受賞。 かつてないスタイルで若者の心象風景を描き、70~80年代を通して時代の圧倒的支持を受ける。小説、エッセイ、評論、翻訳、写真集など著作多数。 2015年、ボイジャーより全著作の電子化を開始する。http://kataokayoshio.com/


PRODUCT関連商品

白い波の荒野へ [Kindle版]

片岡義男 (著)
フォーマット: Kindle版
ファイルサイズ: 767 KB
紙の本の長さ: 32 ページ
出版社: ボイジャー; 1.0版 (2015/7/1)
販売: Amazon Services International, Inc.
言語: 日本語